76Lubricants ナナロク 鉄先芯入り安全長靴”セーフティラバーブーツ” No.76 RBS1203xx 大人気,新作登場 ——2,600円


【これもオススメ!走れる長靴】
→ナナロク 走れる長靴
発売予定日
2012/06/03
掲載予定日
掲載中








■■■商品説明文■■■
 楽天の大きな歴史を塗り替える6月3日の「楽天市場SUPER SALE」も目前に迫り、普通であればそろそろ準備も整い、当店としても「ホッ」としている頃(6月2日時点)ではないかと思いますが、当店は違います(笑)。「何をどうお買い物してもお客様にとってお得になるこの日にたくさん新商品を掲載した方が良いのではないか。いや、良いよね!」っていう事で当店では開催ギリギリまで商品を掲載していく覚悟を決めました!!
 ですから、当店では「目前」まで迫っても新商品を掲載します!!そしてこの商品は私(作者)が6月3日掲載に「ねじ込んだ」意欲作!!絶対、6月3日に出した方がお客様にとって大きなメリットがあると信じているからです。
 このギリギリのタイミングで今回掲載する商品は・・・、そうです!泣く子も黙る!ナナロク・ショート丈・安全長靴です!!しかも、SUPER SALE バーゲン価格として3,000円でスタートします!!実は、この商品かなり前から当店に入荷していましたが、この度いよいよ日の目を浴びることになりました☆
 「なんだよ~、もう安全長靴、他(他店様)で買っちゃったよ~!!」とお嘆きのお客様、それでイイんです。それが狙いでこの時期に掲載しました。お客様からしてみると「??」っていう感じですが、その理由はこういうところが発端だったんです。

【これが遅出しの原因になりました。当商品価格の秘密】
■前科・・・この商品、当店としても大変ショックを受けた昨年冬のナナロクカモフラブーツ(アウトレットで販売)と同じ工場で作られた長靴です。つまり、前回と同様の仕上げ部分での不均一プリントやズレプリントなど、製品に関わる重要素「見た目」の部分が複数個所によって一部損なわれている可能性がある商品です。

■1クール商品・・・通常、ゴムで出来た長靴は”短命”と呼ばれています。それは使用頻度や使用環境、保管場所に大きく左右されているからです。それでも5千円-1万円を超える長靴と、2-3千円程度の長靴があり「おんなじゴムで出来ているのに、何故こんなに値段が違うんだ!」と疑問に思いますよね?それは「ゴム質」に関係があり、有る程度原料質のゴムの素材が良ければ上記の環境下でも長持ちするんです(基本は1シーズン6ヶ月といわれています。)。残念ながら当商品は「後者」に当てはまり、使用されているゴム質は「1シーズン」ではなく「1クール(3ヶ月)」を想定し作られています。つまり、何故長持ちしないんだ!ではなく、最初に作る段階から6ヶ月は想定していないのです。お仕事用であればなおさらで毎日の過酷な作業であればゴム質が良くてもカカトが擦り切れたり、ボディを破いてしまうことが6ヶ月以内で起き得るわけですから、あえて短命の3ヶ月を想定し作られているのです。遅出しの原因はそこにあり春に出してしまうと夏場に壊れてしまう可能性があるため、夏に出して秋まで持たせる方が懸命との認識からです。
 また、2足目需要っていうのがあって同じ用途の安全長靴を「2足」買って、1日起きに使用するとなんと、「2足とも商品寿命が延びる(1クール想定が2足とも1シーズンを乗り切ったという話も聞きます)」結果が出ています。そういった意味では、既にお持ちの安全長靴の寿命を延ばすためにも当商品を格安で手に入れておけば、結果どちらも寿命を延ばす事に繋がります。(1クール→1シーズンは絶対ではありません)


どうです??前回もそうだったんですが、長靴に施す「プリント加工」に関しては、一定の知識を持ってしてもなかなか美しく仕上げることは困難との決断にいたりました。ですから実際にお買い求めいただくにあたり、お客様には上記の不具合箇所があるいう前提をご了承いただけるお客様にのみ販売させていただきますので、どうか上記不具合発生の可能性のある箇所に関してご了承・ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
 プリントや帯、長靴上部のブツ切りさえ、お客様にご了承いただけましたら、基本的には扱いやすく・仕事ががしやすい安全長靴だと思います。
 デザインに関してはプリント自体も前回の時のように長靴ボディ全面にプリントを施す仕様ではないので、とてもシンプルでありながらもナナロクのシンボルである「オレンジボール」がボディ側面に「ド~ン!」と流行の「デカロゴ」なので、存在感もバッチリ☆
 シルエットに関しては・・・、う~ん、なるほど。筒が太いですな。恐らく当店で販売しているショートファームブーツ、ゴルナガショート、ナナロク走れる長靴などの売れ筋ショート丈長靴と比べると明らかに筒が太くて、ルーズな履き心地です。私が思うに多分ナナロクは意図的にこの形を採用したのではないかと思います。先芯に鉄芯が入ってる安全長靴は、職種として建設業や土木業が想定されるため、ワークパンツやツナギの裾を中に入れれるように筒が太くなっているのではないかと思います。「そんなにブカブカなら買わないほうがイイかな」とお悩みのお客様、確かに筒は太いと申しましたが「ブカブカ」とは言っていません。「筒が太いならブカブカだろ!」ってお叱りを受けそうですが、もうちょっとお時間をいただいて私の言い訳も少し聞いてくださいね(願)。何故「筒が太いのにブカブカではないのか?」、これは「足の甲」に秘密があります。この長靴は幅も広い(4E)ので、ボディの幅でフィットすることもありません。このままでは多くのお客様がおっしゃる通り「ブカブカ」にならざるを得ないのですが、「足の甲」が瀬戸際で「ブカブカ現象」を食い止めています。つまりこの長靴、少し甲が低く設計されています。筒が太くて、幅もあるけど、足の甲の部分でフィットさせているので不思議と歩きずらくならないのが特徴です。足の運動において非常に重要な要素の一つが「足首を支点とした地面を蹴る」動作ですが、まさにこの足首を支えているのが「足の甲」の部分です。つまり常に蹴る動作で必要になる「足首の動き=足の甲」をキュッと長靴がフィットしてロックしてあげると、ブレずに歩きやすくなるんです。恐らく多くのお客様は「長靴って歩きずらいし、走るのなんて不可能」と思っているお客様が多いと思いますが、そう感じさせる長靴のほとんどは「筒・幅・そして甲高」、3つのルーズ要素が合わさっていて悪いイメージがついてしまうんですよね。今回のナナロク長靴は、足の甲だけ低く作られているので、ギリギリのところでフィット感が生まれているんです。
 早速、作者である私が実際に長靴を履いてみました!!身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(Nike&adidasは26.5cm)の私が履いてみたところ・・・、Mサイズでピッタリ!!でした!!私は足の甲がもともと低いのでMサイズでも良かったんですがご自身で甲が高いと認識されているお客様、Nike・adidasは甲がキツくて普段から履かないというお客様は私と同じ足のサイズでもLサイズをオススメいたします。
 鉄先芯を使用しているのに、重さはわずか1足670g(M)とショート丈なのでかなり安全靴としては軽量化いるので、今まで無難な安全長靴をご使用いただいていたお客様にも何の違和感もなく履きこなすことが可能です。