76Lubricants ナナロク ”パーフェクトフィット”ラバーブーツ No.76 RBR105 2014 EXS 長靴 * メンズ おしゃれ レインブーツ* 大人気,新作登場 ——2,800円


→もっと丈の長い長靴が欲しいという貴方には


→足のムレ対策に5本指ソックスがおススメ。


→普段履きには5本指ショートソックスがおススメ。


→標準的な先丸タイプはコチラ











こんなお客様にオススメ!作者が語る商品レポート!!
 正直にいうと、「ナナロクの長靴が近々入荷するらしい」との噂は既に2~3ヶ月ほど前に既にキャッチしていましたが、現物を確認できていませんでした・・・。担当者より「長靴のジョーシキが変わるよ☆」と言われていたんですが、とうとうその長靴が本日入荷!!手にとって履いてみると、「え!えぇ~!」という全く新しい長靴でした!!
 驚きなのはそのフィット感!!この長靴を履いてなんと「ダッシュ」が出来ます!「なぁ~に言ってんの!どんな長靴履いたって走れるでしょ!」と思わず突っ込まれちゃいそうですが、走った感覚がまるで違うんです!!今までお取り扱いしてきた長靴は、撮影時に全てまずは自分で履いてみて、その時率直に思った感想や、特徴をお伝えしてきました。そんな私がいうのですから、この履き心地はまさに当店品揃えの中でも「トップクラス」と言っても過言ではありません!!
 普通の長靴を履いて走ると、足の甲の部分とカカト、履き口が広いため、「カッポカッポ」と音が鳴るくらい長靴の中で足が遊んでしまいます。これは通常、靴をお選びになるポイント「○○cm」では調節が出来ない部分なんです。サイズがあっていても「カポカポ」はどうしても発生してしまうんですね・・・。「別に長靴履いて走るわけじゃないからいいよ。」というお客様、まさにお客様のおっしゃる通りなんですが、この「カポカポ」、あなどるなかれ、実は「疲れ」に直結するんです!!
 ウィンタースポーツで有名な「スノーボード」、ご存知のお客様も多いと思いますが、上達の秘訣は「靴選び」と言われています。スノーボードは体重移動のバランスが必要なスポーツで、もしも靴が「カポカポ」していると、アンバランスな中で体はベストポジションを維持・保持しようとするので、結果余計な力が入ってしまい疲れてしまうんですね。
 まさにこれと同じ状況が作業現場で起こっています。「座ったまま作業」、「屈んだまま作業」、「歩いたり、よく場所を移動する」、「ぬかるんだ場所や足場が不安定な場所」といった動作には、足が知らず知らずの間に力を入れたり抜いたりしながら体勢を保持しようとしていますので、「幅の広い」「カポカポ」した長靴ではお仕事が終わった時には「足がクタクタ」になっている事が多いんです。
 ナナロクでは兼ねてより先進的なデザインで今までも人気の長靴をリリースしてきましたが、今回のモデルはまさに「機能性」にも注目したナナロク自慢の最新長靴になりました!!
 走ったり&歩いたりの時の足にかかる負担を軽減させるため、内部には当店オリジナルの「専用中敷」も付属していますので安心。表面が「ポコポコ」した中敷なので運動中のマッサージ効果も見込めます。
 また、靴底はナナロクの長靴としては新採用の「タイヤパターン」を採用!!長靴のサイドからチラッと除かせるタイヤパターンは、それだけで「ドコにも売っていない長靴」と思わせてくれるナナロクの心使いです。あえて靴底を「フラット」にしているのはいかなる地面に対しても「接地面積」を増やし、一定以上のグリップ力を発揮するため。水ハケの悪い悪路でも、水ハケの良い道路でも、車のタイヤと同じように左右の「溝」からドンドン不必要な水を靴底と地面の間から排除し、グリップ力を保持します。
 気になる長靴としての重量は「600g」ですから、長靴としては「軽量」といってもいいレベルではないかと思います。
 またゴムの質感がわざとらしい「艶感」ではなく、「マッド(艶消し)」でありながら、感触は「しっとり」していて「柔らかい」というのが感想です。
 足を屈曲した際に生じる「ゆがみ」の部分に余計なゴムを貼り付けていませんので、ゆがみの境目からゴムが破断する「折り切れ不良」の発生もないだろうと思います。
 これだけ語れる長靴は久々です!!最後のご紹介ですが、お客様にとってこれが一番の魅力かも・・・♪そうです、「ナナロクの」、「全く新しいコンセプト」、「最上級のゴム質」で販売価格が3000円台とは、もはや「奇跡」を通り越して「何かの間違い?(笑)」とも思っています。大ヒットは間違いなし!!
 北海道では冬はちょっと厳しそうですが(厳寒期では逆にこのフィット感が良いと外気の冷たさを内部で伝えてしまうため)、雪の少ない地方では、ひょっとすると中敷と靴下を替えるだけで一年中履ける長靴かもしれません!!
最後に長靴を初めてお買い上げになるお客様にサイズ選びのコツをご案内。この長靴は「フィット感」を重視しているため、あえて普段より大きいサイズの長靴を選んでしまうとこの長靴の魅力が半減してしまいます。ハーフサイズ(○○.5cm)をご希望のお客様25.5→Mサイズ、26.5→Lサイズ、27.5→LLサイズで全く問題なし!!「あえて大きめ」はこの長靴には必要はなさそうです。
 プロノがこの夏リリースする自信満々の長靴を是非、この機会にお試し下さい!!