76Lubricants ナナロク スノトレ型HOTSNEAKER 先芯無し No.76 ST1504B 大人気,新作登場 ——2,200円




■ご一緒にどうぞパイルソックス■


■こんなのもあります。■

■こんなのもあります■












【ページ製作者が語る商品の魅力!!】
皆さんは靴の良し悪しってどのポイントで判断していますか?凝ったデザインや、派手やデザイン、シンプルなデザインなどの「見た目」を重視する方もいらっしゃいます。また防水、防臭、吸汗、通気防滑・・・などの「機能面」を重視される方もいらっしゃいます。そして軽い、疲れない、などの「履き心地」を重視するお客様もいらっしゃいます。そして価格、特価、割引・・・等の「販売価格」を重視されるお客様もいらっしゃいますね。
私(作者)はどちらかというと「販売価格」から入り、「見た目」で買うか買わないかを決める傾向が強いかな。と思っています。こういっちゃなんですが、結構私と同じロジックで買う人って多いんじゃないでしょうか??(笑)。そして今回、ナナロクから発表されたウィンターシューズ(北海道ではスノトレと呼ぶ)がまさにこのロジックにぴったりハマる商品なんです!!



【グラマラスボディが魅力!ナナロク新基準ウィンターシューズはスタイル抜群!】

■素材・・・タフな作業に耐えうるようにPU素材を使用したボディが魅力。一見レザーにも見えるボディは独特な光沢感とどうしても汚れてしまうお仕事環境でも拭けば汚れが取れるPU(ポリウレタン)は、まさに作業用に適した素材といえそうです。

■スタイル・・・今作よりナナロク新基準「グラマラス・ボディ」を採用しており、そのコンセプトは「美しくセクシーな造形美」を追求しています。今まで”デザインありき”だったナナロクが、製造国・製造工場を変更して新たに挑む挑戦です。足首のカッティング、甲のくびれ、つま先の反り感等、言われないと気が付かない。という方がほとんどだと思いますが、それでもその僅かな「シルエットの差」が、履いた時に抜群の履き心地と満足感を演出します。
 ナナロク新基準で作られたウィンターブーツは2014年度は今作含めて「2作のみ」ですから、リピーターのお客様、形が気に入ったお客様は是非、ご購入のポイントにしていただけましたら幸いです。

■冬靴にありがちな・・・当店の現場用バリバリ防寒長靴は、その常識外の暖かさを得るために「軽さ」を思いっきり犠牲にしています(苦笑)。お仕事(現場)では一日中、寒い中外で仕事するわけですから、軽さなんかよりも寒さに耐えられる方がお客様によっぽど喜ばれるので防寒長靴は重たい商品が多いのですが、スノトレはよりライトな使い道が想定されますし、ひょっとすると一日中外での仕事じゃない可能性もありますので、当商品「ほどほどな暖かさで、超軽く」仕上げています。冬靴、スノトレにありがちな「買ってみたら意外と重かった」みたいな事はこの商品では感じないと思います。

■価格・・・消費税も上がり、物価も上がり、何故か給料は上がらない(苦笑)この世の中、2014年ナナロク・ウインターシューズは、なんと価格が「据え置き」です。正直、為替も上がりまくっているので海外生産品はしょうじき目も当てられないコストの上昇を余儀なくされているんですが、このナナロク・スノトレだけは価格がそのままで販売されています。このご時勢、名の知れたブランドシューズが3,990円で手に入るとなれば、これはもう即買いのレベルです。


どうです?なんとな~く「冬用のあったかい作業靴が欲しいな~」って思っていて、偶然このページにたどり着いたら価格を見て「お☆イイな☆」と思って、デザインを見て「買おう!!」ってなりません??私のような単純な回路の人間は、「価格」「デザイン」、これが良ければ即購入!っていう流れになってしまいます。

それだけじゃなくて、つくりを見直しシルエットを見直したグラマラス・デザインにより、今までのナナロク・スニーカーにはない別格の履き心地を実現しています。
実際に私が履いて見ました!!足のサイズ:25.5cm、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm、ナイキ:26.5cm、長靴Lサイズの私が履いてみたところ。。。普通の靴下着用、25.5cmで問題なしでした!!なんでしょう・・・この包み込まれるような感覚☆なるほど、見た目は少しの変化ですが、このグラマラスボディ、侮れませんな~。