防水防寒ロンググローブ フリーザ No.755 人気セール,新作 ——2,700円


 当店は長年の間、作業用の手袋を作り続けてきました。また、その年その年の流行の素材・・・なんていうのもありました。 しかし、今回、いよいよ当店が追い求めてきた一つの作業手袋が完成しました。その名も「防水防寒手袋フリーザ」です。何がすごいって、この手袋を構成するに使用する素材の数です。掌には水に強い「人工皮革」を使用し、「ポリウレタン」のアテをつけることによりグリップ性の向上に役立てています。また摩擦部分のアテには内部に衝撃吸収材を入れており、長時間「握りっぱなし」でも手が疲れません。防寒性を保持するのに中綿には「シンサレート」(圧縮素材)を詰め込んでおり、表示規定混率40%のところ、70%まで中綿における混率を上げております。単純にあったかいを通りこしてこの域は「暑い」かもしれません。 また、手袋のパーツとパーツを繋いでいる黄色い糸は人間界?最強の糸、「ケブラー糸(アラミド繊維)」を使っているので、「糸が切れる」ということは考えられません。

 これだけ縫ったり貼ったりしてるから、そこから水が滲み込んでくるんじゃない?って思いません?最後にこの手袋が「防水」と謳われる特徴、メカニズムが挙げられます。単純明快!手袋の中に「ゴム手」が入っているとイメージしてください!当然表面は「ビショビショ」になりますが、中にゴム手を履いてるので当然水は滲み込んでこない、というわけです。大切な手を自ら守るのが「ポリエチレン製」の防水フィルムです。これが「ゴム手」の役目を果たしていたわけです。

 デビューして2年になりますが、いまだこれを超える完全な作業手袋は存在していません。 北海道の極寒地で作られた本当に最強の手袋をお試し下さい。
メーカー三重化学工業 様
発売日発売中